サクラダイ

サクラダイ(Sacura margaritacea)
ハタ科>ハナダイ亜科>サクラダイ属(Sacura)

日本を代表するように「サクラ」の名前を冠するハナダイ。他のハナダイと違いサクラダイ属に属します。日本固有種と思われていたものの台湾の深場などでも確認されているらしいですね

サクラダイ属はサクラダイ以外にはboulengeri ・parva・sanguinea・speciosaの4種だけです(wiki調べ)boulengeriは西インド洋の50mくらい、parvaはフィリピンの100mくらい(リンク先の生態動画すごい)、sanguineaは2017年登録で生態画像もなかなかなくて分からん、speciosaもフィリピンの深場って感じですね

サクラダイ雄・大瀬崎

伊豆の深場の定番。40m前後に行くと伊豆ならどこでも群れている魚。逆に意外と伊豆諸島に行くと見ない奴らです。にしても改めて雄は綺麗な柄ですね桜というに相応しい模様ですね

サクラダイ♀・平沢
サクラダイ雌・平沢

雌は打って変わってちょっと地味目?ただし背鰭の黒い点が特徴的なのでパッと見たらすぐわかりますね。見たことはないですが本当にごく稀に背鰭の黒い点のない変異個体もいるらしいです。たまには目をこらしてみようかな

サクラダイyg・IOP

こちらは多分yg。IOPの下には本当によく分からない数の群れがいます。ygになると背鰭の下のキラキラがさらにキラキラしている気がします

サクラダイyg(群)・IOP

ygがめちゃくちゃ群れていました

サクラダイ(群)・淡島

秋になると伊豆の深場、特に伊東・田子・淡島・IOPなどでは繁殖活動のために雄がすごい数群れ始めます。深場なので撮影もなかなか難しいですがどこかでしっかり撮りたいですね

・伊東(雄・雌・yg)
レア度:★☆☆☆☆ 深度:★★★☆☆
ちょっと深場に行くと探さなくても目に入ります

・IOP(雄・雌・yg)
レア度:★☆☆☆☆ 深度:★★★☆☆
ちょっと深場に行くと探さなくても目に入ります

・淡島(雄・雌・yg)
レア度:★☆☆☆☆ 深度:★★★☆☆
ちょっと深場に行くと探さなくても目に入ります

・大瀬崎(雄・雌・yg)
レア度:★☆☆☆☆ 深度:★★★☆☆
ちょっと深場に行くと探さなくても目に入ります

・田子(雄・雌・yg)
レア度:★☆☆☆☆ 深度:★★★☆☆
ちょっと深場に行くと探さなくても目に入ります

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。